OBC会員専用LP仮


お見積りをご検討される方は、勘定奉行内にある会計情報(売上高)をご用意ください。
お見積りは1分で完了します。 後日、海上商事より、お見積結果などをメールにてご連絡致します。

保険料のお見積りはこちらから
ご質問お問い合せはこちら

 

OBC会員専用保険とは

⼿⼝が巧妙化しており、攻撃件数も今後さらに増加することが懸念されているサイバー攻撃。それらにより発生した事故の各種損害を補償するサイバーリスク保険と、異物混入、人⾝事故の発生、情報漏えい、SNSへの悪ふざけ投稿等の対象事由の発生が公になった場合に、被保険者が対策を講じることによって被る費⽤損害を補償するレピュテーション費用保険をご用意しております。

 

サイバーリスク保険

サイバーリスク保険は、以下の脅威等により発生した事故の各種損害を包括的に補償 します。

  • 標的型メール攻撃

主にマルウェア付きの電子メールを⽤いて特定の組織や個人を狙う攻撃です。

  • ランサムウェア

PC内のファイルを暗号化したり、PCをロックしたりすることで、業務継続を困難にし、元に戻すことと引き換えに「⾝代⾦」(*)を要求するマルウェアです。
(*)「⾝代⾦」を⽀出したことにより被る損害は補償対象外です。

  • ウェブサイト改ざん

組織のウェブサイトに外部から侵入し、ウェブサイトの内容を書き換えてしまう攻撃です。

  • DDoS攻撃

複数箇所から同時に⼤量の通信を発生させ、インターネットサイト等を利⽤できなくする⼿法です。

  • 盗難・紛失/メール誤送信

PCやUSBメモリの盗難・紛失、またはメールを関係の無い社外
の人に誤って送信する等、組織内部の人間の過失により発生する事故です。

  • 内部不正

組織内部の人間が、個人情報や営業機密を社外に不正に 持ち出す等の⾏為です。

 

もしサイバー攻撃による事故が起こったら

 

不正アクセス等への初動対応および事故対応には、多額のコストが発生します。
リスクマネジメントの選択肢の1つとして、保険の活⽤は有効な⼿段です。

保険料のお見積りはこちらから
ご質問お問い合せはこちら

 

レピュテーション費用保険

近年、インターネットの普及・SNS(ソーシャル・メディア・ネットワーク)の拡がりにより、企業における従業員の⾏動や満⾜度、安全性、社会・環境への貢献度等が、企業側のコントロールができない環境で「企業情報」として拡散するようになりました。
また、これらは企業が認識しないうちに拡散し、突然マスメディア等で取り上げ捉えられることで、公になることで売上⾼の減少や経営の影響が生じることもあります。

拡大する「企業価値の毀損に発展しうるリスク(=レピュテーションリスク)」を企業の重要リスクとして捉え、有事に迅速かつ適切な対応ができる体制を構築することが重要です。

異物混入、人⾝事故の発生、情報漏えい、SNSへの悪ふざけ投稿等の対象事由が発生した場合、それらがマスメディアでの報道等によって公になることで、⼤幅な売上⾼の減少や経営への影響が発生する可能性があります。
OBC会員専用のレピュテーション費用保険は「対象となる事故」に対応するために、被保険者が負担する対策費用を補償する保険です。

レピュテーション費用保険の補償内容

異物混入、人⾝事故の発生、情報漏えい、SNSへの悪ふざけ投稿等の対象事由がマスメディア(新聞、雑誌またはテレビ)による報道された場合、または、被保険者が対象事由の発生を認識し、選定コンサル会社の推奨に基づき、被保険者が) マスメディアによる記者会⾒、発表もしくは広告または、公式ホームページもしくは公式SNSアカウントへの投稿によって対象事由を公表したことによって対象事由の発生が客観的に明らかになった場合にかかった費用を補償します。

テキストテキスト
テキストテキスト

 

ご加入者の声?

テキスト
テキスト
テキスト

 

よくある質問

Q テキスト
A テキスト

Q テキスト
A テキスト

Q テキスト
A テキスト

保険料のお見積りはこちらから
ご質問お問い合せはこちら

勘定奉行内の会計情報(売上高)をご用意ください。
お見積りのご入力は1分で完了します。

PAGETOP
Copyright © Kaijoshoji Inc. All Rights Reserved.